松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > 魚政トピックス > 泣くにも泣けず!

泣くにも泣けず!

2010年01月03日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

異常事態発生です。

 

まれにある事なのですが、蟹の脚の一部が、炎症を起こし、白くなり、その脚は、使い物になりません。 本来なら、繊細な透き通った綺麗な身なのですが、炎症を起こすと、白いゼリー状の身になり、食べると弾力も無く、味気ない味になります。

茹でると、見た目は、分からなくなり、誰もわかりませんが、このような蟹を販売したり、お届けする事は、出来ません。

 

この症状を見ると、身が切られる思いになります。

 

損は、もちろんですが、せっかくの蟹が、台無しになるのが、辛いですね。

 

このような事もあるので、日々のチェックが、かかせない分けです。

 

DSCF5025.JPG

DSCF5028.JPG

上の脚は、正常。下の白い所が、異常。 原因は、不明で、生き物は、何か起こるか分かりません。

DSCF5031.JPG

先日、石橋さんに送っていただいたマグロ鍋が、ようやくいただけました!

http://store.shopping.yahoo.co.jp/misakimegumi/00011.html

 

骨付きのマグロが、こんなに旨い物なのかと再認識。

かなりの味ですよ♪

 

石橋さんのブログ

http://blog.livedoor.jp/yazaemon/

 

蟹鍋と、マグロ鍋は、物々交換です^^;

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ