松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > 本日の漁獲情報 > 本日の漁獲情報 2/27 さんかい館出店と、悲しい出来事

本日の漁獲情報 2/27 さんかい館出店と、悲しい出来事

2011年02月27日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

今日の概況:大敷網は、珍しくタラがありましたが、他は、これといった物もありませんでした。 刺し網ツバスもなく、釣り物も少なめで、朝市は、すんなりと終了。 底引き網は、朝方出港して、夕方のセリ。 蟹が少しと、エテカレイ、マカレイ、ハタハタ漁でした。

大敷網(定置網):タラ、サゴシ他、少漁
活け物:平目
釣り物:赤ホコなど 少しだけ
刺し網(カゴ漁含む):なし
覗き物:なし
底引き網(大善丸):大善かに、マカレイ、エテカレイ、ハタハタ、アンコー、海老など

そして、本日は、京丹後市久美浜町 サンカイカイ館で、月に一度 の催しの日です。 昨年秋より、出店させていただいております。

DSC00162.JPG

DSC00147.JPG

担当は、魚政行商チームのともちゃん。 朝方、魚を期待していたのですが、情報の通り、朝獲れの魚は、ほとんど無し。しかし、一夜干しや、水カニなど、まずまずの売れ行きでした!

 

そして、本日は、悲しい知らせが。

漁師をしている知り合いの魚屋さんのお父さんが、船の操業中に、ロープに巻き込まれたのか、はっきりした理由は、分かりませんが、一人で操業中に亡くなられました。

船で漂流している所を、他の漁師さんに発見されたようです。

毎朝、セリ場にも顔をだし、いつも優しい笑顔で、話しかけてくれていたのに、残念で仕方ありません。 ご冥福をお祈りします。。。。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ