松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 魚政トピックス > 京都府水産事務所で 初講演 

京都府水産事務所で 初講演 

2014年03月15日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

先日 3月12日  京都府水産事務所から、何と 講演の依頼をいただき、消費者が求める水産加工品とは、という、格好いいタイトルで、講演させていただきました。

DSCF0189.JPG

この恰好が いちばんリラックスできるので、いつもの仕事着で

DSCF0183.JPG

DSCF0193.JPG

DSCF0195.JPG

DSCF0197.JPG

参加者は、丹後から、舞鶴までの、加工業者の皆さんに、漁協や、海洋センター、行政の職員など、多彩な顔ぶれでした。

講演は、初体験で、どのようにしたら、一時間も、持つかな?と思いながら、話をさせていただきましたが、最初こそ、戸惑いもありましたが、徐々に、ペースをつかみ、最後は、時間も、忘れて 時間オーバーした程でした^^  

私の講演で、為になった事は、無いとは思いますが、逆に、こちらの方が、多くの方の情報を得、多くの人とつながりが出来、たくさんの収穫をいただきました。

今後の楽しみが また一つできた感じです。

これも、講演すればこそ。お陰様で、良い経験が出来ました!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ