松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム > 丹後は、蟹ばかりでは、ありません。

丹後は、蟹ばかりでは、ありません。

2015年01月16日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

0111fe94f681a6abbffdcd1686a4630744cd76ddc80160e088221952ff2b48d8678799cc76a39f9d90fc

11月12月は、蟹一色感の丹後ですが、12月から、1月にかけては、寒ブリ 中シビ(ブリの幼魚)なども、この丹後沖を回遊するため、主に、定置網漁で水揚げされます。

ブリは、氷見が有名ですが、この時期は、ブリその物が脂を蓄える時期になるので、氷見で揚がろうが、佐渡で揚がろうが、福井で揚がろうが、型が良く、手当が確りしていれば、どこの物でも、全く遜色ありません。

定置網以外にも、底引網漁も、蟹以外にも、これから、カレイや、ハタハタ、エビどが、入ってくる時期にあたります。

魚好きには、楽しい時期になってきますね!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 京都丹後 海鮮の匠 魚政 ■

◇公式ホームページ   http://www.uomasa.jp/

お問い合わせは、お気軽に
◇メールアドレス    post@uomasa.jp

毎日の漁獲情報など 情報満載!
◇魚政フェイスブックページ  https://www.facebook.com/fishuomasa

京都丹後 海鮮の匠 魚政は JALカード特約店です。
http://partner.jal.co.jp/site/shop1/?tp=701877&refID=jci

〒629-3101 京都府京丹後市網野町網野2707-17
TEL 0120-72-0823 FAX 0772-72-3451
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ