松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 蟹の知識編 魚政トピックス > 松葉ガニについて その3  頼りになります!

松葉ガニについて その3  頼りになります!

2015年09月28日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

tazima-tizu

当店が仕入れを行っているのは、京都府の 前浜の 網野浅茂川港 間人港の2港と、兵庫県の 津居山港、柴山港、香住港、浜坂港、諸寄港の5港です。

地理的な関係もありますが、一番大切な品質や、選別、セリの状態を考えて、上記の港しか仕入れを行っていません。

京都船籍は、ほぼ この丹後半島沖が、操業海域。兵庫県船籍は、兵庫県の前浜に加え、船籍の大きさで、京都府沖に入れる船もあり、操業海域は、京都府から、島根県沖まで、幅広い範囲で、操業しています。

操業海域の規定は、船舶の大きさや、時間など、細かい取り決めがあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福井県(越前ガニ)は、漁港関係なく 県で統一し、黄色のタグ。

鳥取県も、県で統一し、白地のタグに、赤の文字で、とっとり松葉ガニが入っています。

京都府も 緑色のタグで、統一していますが、これについては、京都府の時に。

兵庫県は、

青色 津居山港

ピンク 柴山港

黄緑 香住港 (香住港は、船の大きさの違いで、緑色のタグも有り)

白色  浜坂港 諸寄港

と、漁港で、それぞれ 色が違い、最近は、各港の名前をつけて、(津居山ガニ、柴山ガニなど)と、取り扱い 販売しています。

少しの海域の違いあれど、すべて 日本海山陰海域で、獲れた蟹なので、せめて、県単位 たじま松葉ガニ?で、統一出来ないかなと、傍目では思いますが、おそらく無理とは思います。地元愛が何処も強いので、話がまとまりません^^;

当店の取り扱いは、先日のブログの書いたようにように、水揚げ量に伴い、兵庫県産の松葉ガニがベースになります。

一概には、言えませんが、 何処の港で 水揚げされた蟹でも、品質の良し悪しは、ほぼ一定の割合で、存在し、

どの港でも、身入りの良い蟹も、いれば、身入りの悪い蟹も、存在します。

港にこだわらない理由の一つとして、少ない蟹の中から、良い蟹を選び、仕入れるのは、難しいですが、多くの蟹の中から、選ぶ方が、容易で、数も求まるという簡単な理由です。

それに付け加え、台風並みの荒れ模様は、仕方ありませんが、その他の場合は、安定して水揚げがあるのが、兵庫県の港です。

海の状況を眺めると、よくもこんな模様で、蟹が獲れるもんだと思う日が、特に 12月から2月にかけては、多くあります。本当に頼りになる存在で、

兵庫県船籍の水揚げが、当店の松葉ガニの屋台骨です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松葉ガニは、11月6日解禁  予約開始 10月19日より受け付け開始

■ 京都丹後 海鮮の匠 魚政 ■

◇公式ホームページ   http://www.uomasa.jp/

お問い合わせは、お気軽に
◇メールアドレス    post@uomasa.jp

毎日の漁獲情報など 情報満載!
◇魚政フェイスブックページ  https://www.facebook.com/fishuomasa

〒629-3101 京都府京丹後市網野町網野2707-17
TEL 0120-72-0823 FAX 0772-72-3451
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ