松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 魚政トピックス > 漁師の天敵? 厄介な クラゲ

漁師の天敵? 厄介な クラゲ

2016年05月04日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

定置網の中には、魚の他に、クラゲも大量に入ります。

このクラゲは、見た目は、透明で、綺麗ですが、かなりの厄介者。

ちなみに、この大きさの物は、玉ネギクラゲと呼ばれております。

なぜ厄介かというと、

網を持ち上げるのが重い。

仕分け(除去)が面倒。時間もかかる。

氷が、効かない。

魚に触れると色目が悪くなり(白っぽくなる)相場が下がる。

などなど、手間暇がかかるだけで、良いことは、何もありません。

クラゲだけ、網に入らないようにする事も出来ず、ただ 入らない事を祈るのみ。

 

これからも、クラゲとの格闘が続きます。。。。。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ