松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 本日の漁獲情報 > 魚の時期がズレているのか、今からなのか?

魚の時期がズレているのか、今からなのか?

2016年06月03日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

定置網:飛び魚、カマス、白イカ、アジ、丸子、ブリ、スズキなど
活け物:鯛、ヒラメ、石鯛など
釣り物:スルメイカなど
刺し網(カゴ漁含む):なし
覗き物:サザエ、ウニ
底引き:お休み

定置網漁は、白イカ、飛び魚、スズキなどが、ここの所 毎日入っています。

毎日では、有りませんが、マグロや、ヨコワも、目にするようになりました。

しかし、例年なら もっと増えてもいい、アジ、サバ、カマスが、少ないです。

気候 水温のせいなのか、それとも、いないのか?

加工するのに、相場 数量含めて、判断が難しい所なのです。

 

 

カマスは、少しだけですが、大きめも。 アジも、この位のサイズが、たくさん欲しい所です。

飛び魚は、たくさん取れています。

定置網漁には、スーパージンタと呼ばれる、小アジの中でも、小アジの物。
選別が、大変です。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ