松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 魚政トピックス > 冷静に 振り返れば、かなりの違い!

冷静に 振り返れば、かなりの違い!

2016年07月06日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

これは、7年前に作成した、年間の水揚げ漁獲情報。

魚種としては 大方の所は、変わっていないが、細かく見ると、水揚げが無くなっている魚や、時期がズレている魚もあります。

特に感じた事は、全体的に、漁獲量がかなり少なくなっている事です。

年に一度や、二度は、どの魚も、大概 堪忍していう位、たくさん獲れる日があったのですが、今は、そのような魚が少ないです。

今年に限れば、春先からの、鯵、サバ、カマス、小鯛など。

今 作成すると これとは、かなり違った感じになりますね。

状況としては、激変と言っても 過言ではありません。。。。

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ