松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > 商品更新情報 > お陰様でかなりの人気商品 魚政製 焼きウナギ 販売再開しました!

お陰様でかなりの人気商品 魚政製 焼きウナギ 販売再開しました!

2017年07月06日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

当店の商品は、季節商品がほとんどの為、HPだけでは、何時 販売になるやら、しているのやら、終了したり、販売終了になったりと、分からない事も多々あるかと思います。

そんな声をいただきますので、少しでも分かりやすく、このブログでも 商品の更新情報を伝えさせていただきます。

カテゴリーは、分かりやすく 商品更新情報!

先ずのご案内は、先日より販売再開した 焼きウナギ。

http://www.uomasa.jp/fs/uomasa/c/unagi

お陰様で メルマガでも紹介させていただいた所、早速に数多くのご注文をいただいております。

メインは、土用の丑の日になりますが、お盆過ぎまで、ご注文を承ります。

尚、今年の土用の丑の日は、1回目 7月25日 火曜日
2回目 8月6日 日曜日
1回目の7月25日を一の丑。2回目の8月6日を二の丑と言います。

 

 

使用するウナギは、愛知県三河一色産うなぎの活けウナギ。

サイズは、3.5pと呼ばれる 活け目 約300gの大型のウナギ。

最大のポイントは、全て 活きウナギを素早く焼く事です。

味にとって大切なのは、捌いてから 焼き上げるまでの時間が勝負!
活かしておいたウナギを、水氷で〆て、一気に捌き、直ぐに焼き上げます。

捌いて直ぐに焼き上げる事で、弾力や味の差となって現れます。

関東風は、背割りで、焼いてから蒸して、身が柔らかいのが特徴ですが、

魚政の焼きウナギは、蒸さずに焼き上げるので、身に弾力があり、皮目もパリッとした食感が特徴です。

 

 

 

タレも、市販の物を使う所が多いようですが、コクを出すために、ウナギの骨を
焼く所から始める、すべて自家製の特製タレです。

夏の暑い日は、ウナギが、決まりますね!^^

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ