うおけんブログ
ホーム > 未分類 > 鮮魚の達人 札幌会議

鮮魚の達人 札幌会議

2007年07月27日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(2)

 7/24、25と札幌で鮮魚の達人会議が行われました。

http://www.sengyo-tatsujin.jp/

火曜日の朝仕事をして、昼から北海道に旅立ち、翌日の夕方には、戻るという強行日程。

2007_0726uomasa0001.JPG

初めての神戸空港。意外に大きかった!

2007_0726uomasa0006.JPG

出発前に腹ごしらえ。中華のバイキングを見た目で選んだが、味は。。。
しかし、昼からビールを飲めて役得役得。飛行機は、運転しなくてもいいからね♪

2007_0726uomasa0012.JPG

あっという間に北海道。ここは、大通り公園。

2007_0726uomasa0017_1.JPG

ホテルに着くと、ゆっくりする時間も無く、懇親会へ。

2007_0726uomasa0013.JPG 

気をつかっていただき毛かにとたらばかに。北海道の蟹は、これですね!
しかし、どうしてもうちの松葉と比べてしまう。これも仕事柄いたしかたない。 

2007_0726uomasa0021.JPG

刺身も北海道のオンパレード♪

2007_0726uomasa0023.JPG

代表のさかなおやじ事、山根さんと運営委員長の兄さん事、渡辺さんと。
渡辺さんとは、長い付き合いのようだが、これが初対面!

2007_0726uomasa0024.JPG

そして鮮魚の達人ジャンパーをもらい。

2007_0726uomasa0029.JPG

それを着てみんなですすきのの街を練り歩く。どうみても異常な光景!

2007_0726uomasa0032.JPG

北海道のべっぴんさんもホンの少し♪

2007_0726uomasa0033.JPG

帰りは、目の前にあったラーメン横丁。横丁には、実に27年ぶり。

2007_0726uomasa0036.JPG

そして翌朝4時半起床。みんなで札幌中央市場見学。もちろんお揃いのジャンパーを着込んで。

2007_0726uomasa0038.JPG

ほっけの干物やかれいの干物。

2007_0726uomasa0040.JPG

八角などやはり北海道。

2007_0726uomasa0046.JPG 

毛がにもごらんのように。

2007_0726uomasa0070.JPG

威勢の良い声が響き渡りますといいたい所ですが、少しおとなしいような気も。

2007_0726uomasa0055.JPG

みんなも真剣なまなざしで、魚をみています!

2007_0726uomasa0062.JPG

ホタテも一杯。

2007_0726uomasa0072.JPG

そして蟹の量は、ハンパじゃない。毛かに、たらばとものすごい箱数。しかもこれが毎日とか。
松葉では、考えられません。しかしこれが毎日さばけるのも凄い物です。

2007_0726uomasa0065.JPG

真ん中あたりには、相場の電光掲示版も。

2007_0726uomasa0070.JPG

せりは、一発入札。十円の戦いです。

2007_0726uomasa0079.JPG

普段は、このような物は、食べませんが、勉強の為に。
私的には、普通の丼が良いですね^^;

2007_0726uomasa0081.JPG

場外市場では、観光客相手のお店が並んでいます。
この値段で全部売れれば良いですね!

2007_0726uomasa0084.JPG

見学の後は、元受の会社の人に市場の現状を聞く勉強会。
どこも同じような悩みを抱えています。

2007_0726uomasa0085.JPG

その後は、達人会議。

2007_0726uomasa0088.JPG

代表の山根氏の大きな決断の発表も。この会議がいい流れになってくれれば!
とりあえずは、ネットワークの確立。全国の達人が各地に旨い魚をお届けしますよ♪
もちろん丹後でも私が窓口になり、入ってきますよ♪これは、また追い追いに。

2007_0726uomasa0090.JPG

そして昼ご飯。滅多にいかない回転すしに。それにしても観光客しか行かないだろうひどい店でした。

2007_0726uomasa0091.JPG

口直しに空港のラーメン横丁に。

2007_0726uomasa0092.JPG

北海道で食べた中では、一番でした。

ということで、仕事も食べ物も最後できれいにまとまりました。

以上、鮮魚の達人 札幌会議の報告でした!♪

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!
トップ