うおけんブログ
ホーム > 魚政トピックス > manga流 鯛飯に挑戦!

manga流 鯛飯に挑戦!

2008年07月07日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(2)

このブログにも、度々コメントいただいているmangaさんの鯛飯が、あまりにも美味しそうなので! 初めて鯛飯に挑戦しました。と言っても奥様にしていただきましたが^^

mangaさんは、大のうちの干物ファンです(感謝)

まずは、mangaさんのブログをご覧下さい。

http://manga-san.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/revengeversion_5c69.html

とっても美味しそうでしょう!

まずは、桜鯛の干物を焼いてそのままだしの入った炊飯器に入れます

DSCF50970001080707.jpg

きれいに炊きあがりました!

DSCF51070003080707.jpg

後は、ほぐして できあがりです。

これなら、家でも、簡単に鯛飯ができますね!

もちろん味もバッチ グーーーーです!

新しい干物の楽しみ方を教えていただきました。

いろいろな干物でもチャレンジ出来そうですね!

mangaさん 有り難う御座いました♪

DSCF51100002080707.jpg

メインディッシュは、飛び魚のミンチのフライ。簡単に言えば、メンチカツの中身が、飛び魚のミンチ。 これが又、かなりいけました。 安くても美味しい物は、工夫次第でたくさん出来ますよ^^!

DSCF51230004080707.jpg

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!