うおけんブログ
ホーム > 魚政トピックス > 久々に 「蟹のお話」 体の中には、これだけの

久々に 「蟹のお話」 体の中には、これだけの

2008年12月09日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

今日は、久々に蟹のお話

朝、一番の仕事は、水槽の泡とりから、始まります。

一晩明けたら、水槽は、泡だらけの状態です。 この泡にひっついているのが、泥の粒子。

獲れたての蟹ほど、泥を多く、含んでいるため、たくさん仕入れた日には、いっぺんに、水槽の水の色も真っ茶色になり、泡も、泥だらけの状態です。

この事からでも、蟹は、体内に多く、泥を含んでいることが、おわかりいただけると思います。

よって、当店では、必ず、一晩から二晩は、泥吐きを行い、体内をきれいにしてから、茹でたり、活けで、お届けしています。 この事は、魚政の蟹の美味しさへの、こだわりの一つです。

DSCF4538.JPG

DSCF4539_1.JPG

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)