うおけんブログ
ホーム > お魚知識編 > 【お魚知識編】 船のロープ

【お魚知識編】 船のロープ

2009年10月17日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

今日から、始まったお魚知識編

朝市の時に、大善丸が、総出で、網入れを行うロープの入れ替えを行っていました。

蟹漁を前に、ロープを長く、重たくするそうです。 そうする事によって網が海底付近で踏ん張れるそうです。

DSCF5642.JPG

DSCF5641.JPG

このロープで長さ約500m

DSCF5645.JPG

新しいロープの登場です。これで、軽自動車が買える位の金額だそうです。

DSCF5644.JPG

太さが、場所によって異なり、中には、鉛が入っています。重くなければ沈まないので、冷静に考えれば分かりそうな物ですが、どの世界も奥は深いですね!

DSCF5646.JPG

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!