うおけんブログ
ホーム > 商品のご紹介 魚政からのお知らせ > のど黒の一夜干し 出来ました!

のど黒の一夜干し 出来ました!

2010年09月09日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

秋 最高峰の魚といえば、間違いなく のど黒です。

最近では、人気も、価格も一番高い魚になっています。

のど黒は、今が一番の脂の乗りで、基本的に、この時期 獲れた物を、加工して、販売します。

DSCF7135.JPG

大きさは、生の状態で、200g以上。 これ以下だと、脂の乗りが、薄いので、200gアップが、お薦め。干し上げ後なら約150g以上です。

一夜干しは、獲れたの物を鮮度のいい状態で加工し、干し上げ、素早く急速冷凍を施します。 いわゆるワンフリージングです、一夜干しには、ベストな加工方法、保存方法と思います。

干し立てと、言って 生冷凍を解凍して、干し上げる所もあるみたいですが、商品的にも、味的にも、品質的にも、はっきり言って今一です。

DSCF7136.JPG

専用の袋に入れて保存するわけですが、悲しいことに、所々、骨が出ているため、直ぐに穴が空くので、先ずは、一匹一匹、穴が空かないように、突き出ている骨を、取り除きます。

DSCF7139.JPG

頭や口の所も凹凸があるので、更にラップを軽く巻いて

DSCF7141.JPG

袋に入れていきます。

DSCF7145.JPG

真空状態にして、冷凍焼け、酸化を防ぎます。 

DSCF7144.JPG

最後は、シールを貼って ようやく終わりになります。 

仕入れから、ここまでたどり着くには、かなりの手間暇がかかりますが、このような仕事を施す事で、獲れ立て干し立ての味を約一年間程度は変わらずに楽しんでいただけます。

のど黒 一夜干しを炭火で焼いている所です。脂の乗り具合がお分かりになれますか?

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)