うおけんブログ
ホーム > 得意先紹介 > 蟹名工の旅館  間人 昭恋館 よ志のや

蟹名工の旅館  間人 昭恋館 よ志のや

2011年03月10日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

昨日は、蟹の老舗 旅館 間人の よ志のやさんに、お邪魔しました。

http://www.taiza.jp/index.html

 

よ志のやさんで、蟹をいただくのは、実に久しぶり。

R0010891.JPG

先ずは、板長のセンスある お刺身や、前菜料理 どれも、きめ細かい仕事が施されてます。

R0010894.JPG

もちろん目当ては、よ志のやの蟹料理。先ずは、茹で松葉かに

R0010897.JPG

蟹の良さは、言うまでもなく、盛り方、器など、随所にセンスが光ります!

R0010899.JPG

R0010900.JPG

女将さん直々に、焼き蟹を焼いていただきました。 というより、ほとんど話しながらの食事でしたが^^;

R0010902.JPG

これが、自慢の逸品 蟹みそ入りスープR0010904.JPG

これを目当てに、毎年たくさんのお客様が訪れます。 ダシの取り方、相性もバッチリ!

R0010905.JPG

かに鍋は、普段はあまり食べる事が少ないのですが、ここのかに鍋は、別格。とにかく旨い!

先代は、蟹の名工に選ばれ、その技は、息子さんの板長に引き継がれ、更に進化しています。
蟹を知り尽くした よ志のやの、蟹料理 絶品です!

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)