うおけんブログ
ホーム > 魚政トピックス > 清掃も徐々に

清掃も徐々に

2011年03月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

セリは、荒れ模様のため、お休みです。

松葉かにの仕入れも終わり、後は、在庫ある限りの販売です。

水槽も、すべて使う必要は無くなり、日に日に稼働する水槽も少なくなってきました。

約半年間使い続けているので、浄化槽の石も、かなり汚れているため、洗うのも大変です。

R0010972.JPG

R0010970.JPG

R0010971.JPG

水槽は、それぞれ分離させているので、洗う台数も多く、一週間以上かかります。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!