うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 商品のご紹介 魚政トピックス > 隠れた せこ蟹の美味しい食べ方

隠れた せこ蟹の美味しい食べ方

2011年12月06日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

数日前より、荒れ模様が続き、セリは、お休みが続いています。

 

本日は、せこ蟹の、皆さんの知らない美味しい食べ方を、伝授します。

用意していただくのは、鍋の材料 出汁と、活けせこ蟹。

http://www.uomasa.jp/fs/uomasa/c/seko

DSCF2521.JPG

先ずは、活きたせこ蟹を、単純に、真っ二つに、切ります。

DSCF2523.JPG

半分に切ったせこ蟹を、そのまま大胆に、鍋に放り込みます。

DSCF2353.JPG

今回使用した、かにすきの出汁。 これは、安くて、かなりのレベルで、良い味を出しています。

DSCF2527.JPG

DSCF2533.JPG

煮たって数分すれば出来上がり。 これだけで、至福のせこ蟹鍋の完成です。

ポイントは、野菜を入れずに、先ずは、せこ蟹だけ。野菜は、せこ蟹をいただいた後、いただきます。

それも、良い出汁がでていて、野菜も、バカウマ!

DSCF2535.JPG

通常の塩茹でもいいですが、これも、また、乙な味がして、メチャ旨です^^

DSCF2601.JPG

鍋の後は、もちろん雑炊で。 

せこ蟹が獲れる期間に、是非、一度、お試しを!

せこ蟹は、来年1月10日で、禁漁になるので、あと残り 1ヶ月です。

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!