うおけんブログ
ホーム > 商品のご紹介 > これは! うまゃぁ?で♪ 第2弾

これは! うまゃぁ?で♪ 第2弾

2007年07月12日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(2)

これは! うまゃぁ?で♪ 第2弾のご紹介。

昨日より本格的に解禁になった「丹後網野赤うに」です。

この地方の生食用のうにはキタムラサキウニ 通称黒うにと、夏の期間だけ漁が許される アカウニ 通称 赤うにが、あります。 (馬糞ウニは、塩ウニ用です)

赤うにの旬は、もちろん今。 可食部分も大きくなり、産卵前のこの時期が、甘み、旨み、すべてに濃厚で、
特にこの浅茂川港近辺の漁場で獲れる赤うには、特にベリーグットです♪

赤うにそのものの品質は、もちろんの事、漁師さんの手当も上手で、この地方でも大変人気があります。

私もシーズンには、必ずいただきますが、食べる前は、いつでも心が舞踊ります♪
正直、これ以上のうにに出会ったことは、ありません!

うにの中のうに  とにかく旨い  これが丹後網野赤うにです!

http://www.uomasa.jp/itemlist74.html

期間は、お盆まで位までありますが、数がかなり少なくなってきますので、
8月上旬くらいまでが、おすすめです。

ホントにわずかな期間だけの至福の味。 是非、お試しあれ!

640-akauni-6.jpg

左 :赤うに 右: 黒うに

640-akauni-8.jpg

殻を割れば、中身は、このように。可食部分だけ取り出します。

2007_0711uomasa0004.JPG

こちらでは、このような専用のへぎに並べます。 中身は、正味100g

2007_0712uomasa0004.JPG

昨夜は、うに丼で、いただきました♪ 

そのままでも、お醤油を少しつけても、お寿司でも、お好みでお召し上がりください。

食べた後は、 やはり うまゃぁ?の一言ですね!!!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!