うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム > 必見! 底引き漁船 大善丸の漁模様 

必見! 底引き漁船 大善丸の漁模様 

2007年09月13日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

9/1に解禁した底引き漁。

今回は、無理をお願いして大善丸 船長さんに、船の船上の漁模様、作業内容を撮影をお願いしました。

002002.jpg

秋は、まず沖キス中心の漁模様。まさに沖キスを船に水揚げの最中です。

003003.jpg

後の網は、大漁です。 いつも、こうあればいいですが! 

004004.jpg

水揚げした魚は、すばやく冷水に。

水揚げ後の手当、処置の仕方で、鮮度も全く違います。取れ立てイコール鮮度のいい魚では、ありません。 船によっては、設備(水槽や冷水器)の無い船や全く氷りも効いていない船も。 

大善丸の手当は、京都府船籍の底引き船では、ひきい目なしに一番です。
もちろんこれは、蟹にも当てはまります。

設備も無く、手当の悪い魚は、どうしようもありません。

005005.jpg

次の網上げまで、先ほど揚がった魚を大きさや、種類別で選別します。
チームワークの良さも大切ですね!

006006.jpg

中には、のど黒の姿も。 今日は、他の港ののど黒を仕入れましたが、色目も身質も二日前に揚がった大善丸の物の方が、遙かに良かったです。 

007007.jpg

これは、マカレイです。沖キスとは、獲れる深さが違います。水深によって獲れる魚が違います。水深が違うという事は、漁場までの時間も違います。深い所に行くには、時間も油代もかかります。これも漁師さんにとって大切な駆け引きの一つです。  いつも近くでたくさん水揚げがあったら、経費も安く、時間もかからず良いのですが、こればかりは、天のみ知るということですね!

400.jpg

今回の協力者 大善丸 岡田船長 (これは、春撮影)

大善丸の魚や蟹を一押しする理由が分かってくれたと思います。
もちろんすべてが良いわけじゃありません。悪い物は、悪い。
決して魚や、蟹に妥協は、いたしません。厳しい目で吟味してお届けします!

次回は、蟹の時にお願いする予定です。

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!