うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 > 東京日記 三日目 築地と、うまいもん訪問

東京日記 三日目 築地と、うまいもん訪問

2008年04月25日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

東京三日目

東京に来たなら、やっぱり築地に。

築地は、これで2回目ですが、今回は、山根社長に築地一のマグロ屋 石宮さんを紹介してもらい、マグロの勉強をさせていただきました!

DSCF3822.JPG

朝五時前、マグロのセリ場には、数百本のマグロ。皆さん一本づつ真剣に品定めしています!

DSCF3820.JPG

中には、200k超える大型のマグロも。産地は、九州から勝浦。延縄船の物です。

DSCF3832.JPG

マグロは、日本中そして世界の各地から集まっています。

DSCF3830.JPG

今回目利きを教わったのは、石宮の伊原さん。肉質、脂の乗り、鮮度まで、細かくチェック!今日は 上物のマグロは、あまり良くないみたいで、仕入れないよ!の一言。  良い物は、ある時に買う。それが石宮さんのスタイルです。

DSCF3842.JPG

五時半。いよいよセルが開始。数カ所に分かれて活きよいよく、セリ声が響きます。セリ人さんでかけ声もかなりの違い。築地のマグロセリ 圧巻です!

DSCF3844.JPG

30分も経たないうちにすべてのマグロが競り落とされました。すばやく、お店へと運ばれていきます。外国のお客さんもかなりの多いです。 日本人の数倍は、います。

DSCF3845.JPG

写真中央は、伊原さん。セリの流れをじっと見つめているところです。

DSCF3857.JPG

セリもおわり、店では、築地のマグロの第一人者、石宮の野尻さん。 マグロのいろいろを教わりました。 美味しんぼの93巻のマグロのページでも紹介されている方で、マグロのスペシャリストです! ほんまにマグロを見る目つきが凄い!  こういう方とすぐにしゃべれるのも鮮魚の達人の恩恵の一つです!普通では、教えてくれないことまで、細々教えてくれます。

DSCF3854.JPG

高い本マグロが次々と飛ぶように売れていきます。さすが、築地!

DSCF3860.JPG

他の店を覗くと、のどくろの良い物が、しかし、問屋価格でk9.000円。いったい食べたら、いくらになるの?

DSCF3861.JPG

これが、日本一の雲丹とか! 1箱数万円ですよ! 

DSCF3850.JPG

鮮魚市場もお邪魔しましたが、マグロ市場ほどの感動はなし。築地は、マグロが支えている感じです!

DSCF3865.JPG

場内も活気にあふれています。ターレの数が凄い!事故が無いのが不思議な位!

DSCF3867.JPG

帰りは、場外のお寿司屋さんで、朝ご飯と朝の一本!

DSCF3868.JPG

そして、昼からいつもお世話になっているうまいもんドットコムさんの事務所にお邪魔しました。社長の萩原さんは、昨日まで秋田まで出張で、その日も忙しくゆっくりお話も出来ませんでした。 事務所ももう少し広いかと思っていましたが、以外とこぢんまり。逆にこのスペースであれだけの注文をさばいているのにビックリです。 

DSCF3870.JPG

帰りは、スタッフの人と。 電話でも何回もお話していますが、もちろん顔を合わせるのは、初めて。でも、気心は知れているので、話は、スムーズでした! 次の企画もいろいろとあるみたいで、こちらの方も忙しくなりそうです!

これで、東京日記終了です。  いろいろと思っていることが出来た充実の3日間でした!!!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!