うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 > 宮津の水産事務所で勉強会

宮津の水産事務所で勉強会

2008年09月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

丹後産水産物地産地消勉強会に事務所の方から、お声がかかり、参加してきました。

水産事務所主催で、生産者、仲買、観光業者関係者を集めて、今後の丹後の水産をどのようにしたら、いいのかの勉強会でした。

今回は、初めてということで、枠組みも大きく、正直、身になった話もありませんでしたが、今後に期待という事ですね!

suisan-2008-9-22-400_1.jpg

いろいろな水産業者が、約80名ほど参加

DSCF4664_1.JPG

まずは、京都精華大学の鷲見教授の基調講演。 地産地消から、旬産旬地へ。

DSCF4665_1.JPG

生産者、漁連、仲買、観光業の代表が、パネリストになり、デスカッション! 

DSCF4669_1.JPG

パネリストの中に、当店の舞鶴港の買い付けをお願いしている秀ちゃんがいて、ビックリ! 今日は、いつもより真面目モードでお話を^^

DSCF4662_1.JPG

事務所の中は、私たちの知らない情報も多々あり、まだまだ、勉強ですね!

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!