うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 > 割烹 きたむら 35周年記念式典!

割烹 きたむら 35周年記念式典!

2010年10月25日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

10月24日は、京都の得意先 宮川町の割烹 きたむらさんの35周年記念式典に出席させていただきました。

これが、単なる式典と思いきや、所がどっこい とんでもない大パーティーで、驚きの連続でした!

10-25-9.JPG

開場は、昔の名前で、京都蹴上の都ホテル。今は、名は、変わっていますが。

人数は、総勢400名越え

10-25-1.JPG

料理は、フルコースでしたが、ゆっくり食べられないので、今回は、料理の写真は、ありません。

10-25-2.JPG

旦那さんの挨拶の後は、宮川町の姉さん衆(呼び名がわかりません)の唄や、鼓、三味線の披露

10-25-4.JPG

乾杯の発声は、鉄人 衣笠 幸雄さん。大将と昔からの馴染みとか。

10-25-3.JPG

舞妓さんも15名と、超豪華!

10-25-8.JPG

もちろん、舞妓さんの舞も!

10-25-7.JPG

近寄って来てくれたら、もちろん記念撮影^^

10-25-10.JPG

もう一枚^^

10-25-12.JPG

そして何と、きたむらの旦那さんは、歌手だったのです。 私も、直接の面識は、ないので、ビックリです!

10-25-13.JPG

そして壇上には、ゲストの歌手の神野 美加さんが! めちゃくちゃ上手くて、感動物でした! 画像も酔っているので、上手いこと撮れてません^^

このあと、作曲家の荒木 とよひさ先生も、壇上に。 神野 美加さんとは、ご夫婦だったのですね。これも知りませんでしたが。 荒木先生も生ギターの披露です。

10-25-14.JPG

そして、もう一人ゲストが。 皆さんご存じのコロッケさん。いったいどれくらいの交流関係?をお持ちなのか?

10-25-15.JPG

これは、五木ひろし!

10-25-16.JPG

お色直しの後、宴も終盤に。 

10-25-18.JPG

帰りも舞妓さんが見送りです。

まさに、料理屋の記念パーティーというより、歌謡ショウでした。 

世の中には、凄い人がたくさんいるもんですね!

本当にいい体験をさせていただきまました♪

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!