松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > 魚政トピックス > お店紹介 ビデオ撮影

お店紹介 ビデオ撮影

2010年11月10日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

昨日、本日の二日をかけて、お店の紹介ビデオの撮影でした。

本当なら、昨日は、ゆっくりと撮影予定でしたが、柴山港の船が急遽、帰港して、段取りが大狂いで、バタバタの仕事の中の撮影になりました。

本日は、朝から、柴山港、津居山港まで、蟹の仕入れ現場の撮影。

私のナレーションに少しつまずきましたが、何とか無事に撮影は、終了しました。

どのような、ビデオになるのか、乞う!ご期待下さい!

DSCF7411.JPG

今回お願いしたのは、近江牛ドットコムの新保さんと松井さん

http://www.omi-gyu.com/

自社サイトの動画づくりが乞うが生じて、他社のサイトの動画まで撮影するようになり、今回お願いした次第です。

新保さんの理念は、本当に素晴らしく、魚と牛の違いこそあれ、同じ食べ物、通じる所が多分にあり、私が尊敬する人物の一人でもあります。

ブログは、こちら
http://sakaeya.keikai.topblog.jp/index.html

DSCF7416.JPG 

撮影の夜は、いつもお世話になっている風香さんで、蟹を食べながらの、打ち合わせ

http://www.k-fuka.com/

DSCF7414.JPG 

せこ蟹も、食べやすいようにしてあり、まるで蟹の宝石箱

DSCF7419.JPG 

分かりにくいがこれが、本日のメニュー

DSCF7422.JPG

これは、特別料理。

私も、今年初めての松葉かに料理です^^

夜は、この後、蟹をたらふく食べて、雑炊、デザートで終了。

DSCF7432.JPG

朝は、5時半に出発して、柴山港へ。

ここの港は、蟹の選別日本一の港をうたっていますが、まさしくその通り。本当に、良い選別をしてくれます。どこの港もこれだけの選別をして欲しいものです。

DSCF7439.JPG

DSCF7445.JPG

DSCF7449.JPG

津居山港にも立ち寄り、いつも仕入れている港を見学していただきました。

DSCF7453.JPG

店内で、ナレーションの撮影。会話は普通にしゃべれますが、文章を読むのは、まったくの×印。ここまで、へたくそだったとは、少しへこみました。

DSCF7456.JPG

昼は、とり松さんで、ばらずし御膳。 お客さんが来たときには、必ず、ここで昼食です。

DSCF7457.JPG

その後は、セリ場の見学の後、子午線の塔から、最後の撮影です。ここから見た丹後は、本当に綺麗で、素晴らしいの一言でした。 

新保さん松井さん 本当にご苦労様でした!

でき次第、早速アップさせていただきます!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

ページトップへ