うおけんブログ
ホーム > 魚政トピックス > その後の ハモ

その後の ハモ

2012年03月25日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

この3日間は、荒れ模様の為、セリは、お休みです。

 

先日の 巨大ハモは、このような姿に、変身しました。

DSCF3708.JPG

先ずは、原体

DSCF3712.JPG

卸した身は、まるで、大きな魚 骨もきつく、卸すのも一苦労

DSCF3714.JPG

ハモとの格闘の末、すべてミンチに。 骨がきついので、ミンチ機にも、かからない所も多く、それでも、ミンチの状態で、8k分ありました。 私の推定では、重さは、25k。詳しく計っていればよかった^^;  お嫁入りの行き先も決まりました。きっと美味しい食材になりますよ♪ 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)