うおけんブログ
ホーム > 魚政からのお知らせ > 桜鯛の季節になり 取り扱いも再開!

桜鯛の季節になり 取り扱いも再開!

2017年03月31日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

丹後にも 春到来を告げる 鯛が、産卵時期を迎え、定置網漁 釣りで、たくさん獲れるようになりました。

公式サイトでも 販売を再開しました。

調理も 内蔵取り、三枚おろしなど、ご希望により、お選びいただけるので、魚を捌くのが苦手な人でも大丈夫です。

http://www.uomasa.jp/fs/uomasa/c/tai

 

 

型や、色目の良い物を選び、 活け締め 血抜き神経抜きを施して お届けさせていただきます。

よって いくら水揚げがあっても、活け物が無い場合、気に入った型が無い場合には、お待ちいただきます。

期間は、5月下旬までが、お薦めです。

今日は、タイミング良く 京都の超有名な料亭さんにも、発送させていただきました!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です