うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > カニの旨味は、アミノ酸! あなたは、どちら派?【松葉ガニ解禁まで あと23日】

カニの旨味は、アミノ酸! あなたは、どちら派?【松葉ガニ解禁まで あと23日】

2018年10月14日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

昨日のブログは、身の詰まり方の違いで、好みがある事をお知らせしましたが、

茹でてからの、時間の差でも、かなり好みが変わります。

カニは、茹で立てが一番甘く、美味しいように思っている方が多いですが、カニ本来の甘さは、寝かさないと出て来ません。

確かに茹で立ては、湯気も出て、臨場感もあり、熱々で 非常に美味しいです。

茹で立てをむしゃぶりながら、食べるのは、堪らない旨さで、何ともいえない至福の時間です! 私も大好きです(笑)

でも、甘さだけを比べた場合は、寝かした方に軍配が上がります。

身を落ち着かせ、冷蔵庫でしばらく寝かせると、余分な水分もなくなり、魚や肉なら、熟成という言葉になりますが、これに似たような感じで、カニ独特のうまみは、グルタミン酸やグリシンなどのアミノ酸ですが、寝かす事でアミノ酸が増してくる為です。

一晩でも充分ですが、3~4日寝かせた方が、個人的には、好みです(^^)

単体で食べると分かり難いですが、茹で立てと、寝かせた物を食べ比べれば、その差は、一目瞭然です。

機会があれば、是非、お試し下さい!

【松葉ガニ解禁まで あと23日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です