うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 蟹の知識編 魚政からのお知らせ > 今季の松葉ガニ漁は、先ずは 一安心!

今季の松葉ガニ漁は、先ずは 一安心!

2019年01月27日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

 

松葉ガニは、獲れすぎで もう獲れないとか、禁漁だとか いろいろな噂が報道されたいますが、今季は、水ガニ(脱皮し立ての未成熟のカニ)の自粛と 漁獲量の割り当て増加で、一般的に言われている 松葉ガニは、漁期終了の3月20日まで、続けられるようになり、我々業界も 先ずは一安心です。

松葉ガニ=ズワイガニのイメージですが、資源的な取り扱いは、普通 我々が使う 松葉ガニは、もちろんのこと、雌のセコ蟹や、水ガニも含まれます。

資源的には、すべて ズワイガニになり、その全ての漁獲量がTACの資源管理になります。

よって残りが 10~20%位の量しかありませんが、セコ蟹は、すでに禁漁になっており、水ガニの水揚げさえ自粛すれば、量的には、問題無いという事です。

水ガニは、昨シーズンの例を挙げれば、期間こそ、1月20日から1月28日までの約1ヶ月間でしたが、水揚げ量は、松葉ガニ呼ばれる 堅ガニの約8~10倍位の水揚げ量があり、量的には、多数を占めていた事になります。

水ガニの自粛は、来期以降 松葉ガニと成長して 戻ってくるので、今回の判断は、良い機会になると思います。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です