うおけんブログ

水ガニ漁 自粛に思うこと!

2019年01月12日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

鳥取県では、松葉ガニが獲れないなど、テレビや、新聞で 見かけた事もあるかと思います。

これは、専門的には、難しくなるので 簡単にいうと 資源を守る為に、漁獲総量を決めて守りましょうというTAC制度の中で、ズワイガニも その中の一つ。

TACとは → こちら

今季は、11月12月と天候も良く たくさん獲れた 獲れ過ぎたために、決められた枠に近づいたために、鳥取県では、ほぼ獲れない状態になり、兵庫県但馬の動きが気になっていましたが、水ガニを獲らないという事で、話がまとまり、松葉ガニは、何とか 漁期終了の3月20日迄は、漁が行えるという事で先ずは一安心。

この英断に感謝します!

水ガニは、前々から規制すべきと思っていましたが、苦肉の策といえ、禁漁になった事は、喜ばしいです。 すでに二年前のブログでも書いていました。 こちら

確かに 水ガニは、安価で求め安く、それなりの需要もあるので、残念がる人もいるかと思います。

でも、松葉ガニは、今や 単なる地方の産物ではなく、大切な観光資源。生産者 流通業者 観光関係など、松葉ガニありきではありませんが、そのほとんどが 松葉ガニに頼っている所は、実状です。 正にこの地域を支えているのが、松葉ガニなのです。

この規制が 良い方に転ぶのを期待します!

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です