松葉ガニ、せこ蟹(せいこ蟹)、お取り寄せ通販

うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム お魚知識編 魚政からのお知らせ 魚政トピックス > 前浜に本マグロが3本! 欲しいのは、山々ですが。。。

前浜に本マグロが3本! 欲しいのは、山々ですが。。。

2017年06月19日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

小定置網 掛津丸に、なんと 本マグロが3本かかりました。

マグロは、山陰沖に産卵場所があり、そこを目がけて回遊してくるマグロが、しばし定置網にかかります。

その中でも 小さな網の掛津丸に入るのは、珍しく、年間を通じても 入らない年がほとんどですが、昨日は、なんと3本も入りました。

大きさは、30~50K。 型だけなら 真ん中が良かったです。

この近辺で揚がるマグロは、ほとんどが築地市場など 大きな港に直行しますが、今回は、それぞれに 入札形式で行われました。

やはり前浜に揚がるとなると欲しくなるのですが、マグロは、見た目の型だけで、判断し、買うことは、大きなリスクがあるので、簡単には、出来ません。

この時期のマグロは、夏マグロと呼ばれ、そもそも脂の乗りは薄く、水っぽい為に、日持ちがしませんし、冷凍にも、不向きです。

そして何より、身焼けが、一番怖いです。身焼けしていれば、全く価値がなくなり、丸損になるからです。

普段、マグロを専門に取り扱っている人でも難しいのに、この卸してもいない丸のままの状態で、目利きをするのは、あまりにも無理があります。

また、浜では、水氷に入っていますが、船には、そのような設備もなく、たまさか入ったマグロの手当が、うまい事出来るのかと言えば、それも疑問なので、残念ながら、見送るしかないのが実状です。

しかし、せっかく入ったマグロなので、身焼けする事無く、無事に流通してくれたら嬉しいですね!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ