うおけんブログ
ホーム > 商品のご紹介 魚政トピックス > 丹後とり貝 青空レストランで、紹介 放送されました!

丹後とり貝 青空レストランで、紹介 放送されました!

2017年05月28日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

今だけの旬の食材 丹後とり貝が、5月27日 読売テレビ系列の 人気番組 青空レストランで、食材として紹介されました!

どのような放送になるか 楽しみに拝見しました。

私も数年前 生産現場にお邪魔した事がありますが、盛らずにありのままの姿が放映されていましたし、私も知らない事もあり多々勉強にもなりました^^

舞鶴湾 生産現場の筏の上

丹後とり貝は、コンテナに入れ、 餌、海流など 生育に最も適した水深、場所に吊します。

コンテナの中は、土や泥ではなく、なんと活性炭。これが、いちばん適しているようですが、どうしてこれが思い浮かんだのか、不思議です^^

とり貝は、殻を開いたら、このような形のトリ貝が出てきます。この鳥の鶏冠に似ている事から、とり貝になったようです。

料理は、先ずは、にぎりから。 一枚丸ごとにぎると、かなりの迫力です。

天ぷらは、した事ありませんが、おいしそうです!

煮付けも

個人的には、バター焼きが、良いです^^

カンパイメニューは、炊き込みご飯。 なんと贅沢な炊き込みご飯でしょう。 食べに行けば、いったいいくらになるのでしょうか?^^

一度 このカンパイは、してみたいものです! 取材に来てくれないかな^^

お陰様で放映の恩恵も少しは頂戴し、注文もチラホラいただきました!

この放送で、丹後とり貝も、認知していただけたら嬉しいです。

丹後とり貝のご用命は、こちらから

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です