うおけんブログ
ホーム > 商品のご紹介 > 丹後とり貝 販売開始!

丹後とり貝 販売開始!

2007年06月09日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(2)

先日より念願の丹後とり貝を販売しています。

まずは、大きさにビックリ。厚みにビックリ。通常のとり貝の2?3倍は、いうにあります。

そして食べてみた又又ビックリです。

この大型のとり貝は、日本広といえども、丹後 舞鶴湾、宮津湾、栗田湾のみ生育できるまさに丹後の自然の恩恵を全面的に受けたとり貝なのです。

期間も短く、量も非常に限られています。

一年に一度は、贅沢してもいい味ですよ♪

http://store.yahoo.co.jp/uomasa/index.html

http://shopping.nihonkai.com/uomasa/menu13.htm

640-torikai-hiraki-up-2.jpg

この大きさ! まさに驚き物です!

640-torikai-nama-hiraki-4.jpg

殻からとりだして物です。この形が鳥に似ている事からとり貝といわれているようです。

640-torikai-dai-5.jpg

こちらが殻つきのとり貝。 赤貝は、見ることはあると思いますが、とり貝は、珍しいかも!

640-torikai-hiraki-dai-2.jpg

こちらが開いてボイルした物。通常は、こちらの姿でお目見えします。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!