うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 > 近江牛体験紀

近江牛体験紀

2009年04月10日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(2)

4月9日は、今回の出張の第二のお目当て! 昨日のセミナーの仕掛け人 近江牛ドットコムの新保さんのお店にお邪魔しました!

DSCF4665_2.JPG

店舗は、草津市内にあります。

DSCF4652_1.JPG

店内には、近江牛を中心に、いろいろと美味しそうなお肉がずらり

DSCF4647_1.JPG

昨夜は、かなり遅かったようですが、そのようなそぶりは、全く見えません。ある意味凄い!事務所も綺麗に片づいていて、これもお勉強。他にも、いろいろと教えていただき、ほんまに有り難い存在です。こんなに素晴らしい人と、巡り会えるのも、ネットショップのつながりならでは!

DSCF4656_1.JPG

そして、タイミングよく、近江牛のセリ市があり、同行させていただきました!まさにラッキー! 本当は、かなりお疲れモードでしたが、セリがあると、何故か体が元気になります♪

DSCF4654_1.JPG

真剣に品定めする新保さん。 話す時とは、目つきが違います! ちなみに牛は、一頭、上身で約400?500k

DSCF4657.JPG

品定めの後は、セリの会場へ

DSCF4658_1.JPG

後ろには、生産者のみなさんも。長年育てた牛の事が、当然、気になります!

DSCF4661.JPG

入札した金額は、直ぐさま、この電光掲示板へ、1円単位で、値が上がっていきます。 

DSCF4659_1.JPG

牛の全てのデーターが。 この時点で、もはや、ランクが、A3A5など、ランクが決まっていて、それなりに値段がついて行きますが、新保さん曰わく牛は等級ではなく大切なのは、食べた時の味! 等級がいくら良くても駄目な物は駄目。まさしく魚や、蟹と一緒。こういう所も息通じる所でもあります!

DSCF4664_2.JPG

帰りは、高知の竹虎の山岸さん 京都 紅茶専門ショップの中野さんと合流し、新保さんに近江牛をご馳走になりました♪

ほんまに何から何までお世話になりました!

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!