うおけんブログ
ホーム > 魚政からのお知らせ > せこ蟹 (こっぺ)の、最終のご案内

せこ蟹 (こっぺ)の、最終のご案内

2014年01月09日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

 DSCF9726.JPG

以下、メルマガより、転載

 

● 活けせこ蟹が、確保出来ました。最終の 茹でたて せこ蟹お届けできます。
  
  今年度は、主な仕入れ先の、兵庫県の船籍が、自主規制で、12月末で
  禁漁した為、1月以降の販売は、茹でた物を 解凍しての、お届けのみと、
  させていただきましたが、

  地元の 京都府船籍 網野港間人港の船が、6日8日と出港し、水揚げして
  くれましたので、最後の最後になりますが、茹でたて未冷凍のせこ蟹を、
  在庫限りですが、お届けさせていただきます。

  小型の船の上、正月休みから 1月10日までの僅かな期間でしたので、
  水揚げが有るか無いかも、分からない状態でしたので、状況をご理解いただけ
  ましたら幸いです。

  表記は、解凍品となっておりますが、茹でたて未冷凍でお届けさせていただきます。

  メルマガ会員さまだけの、サービスですので、ページは、修正いたしませんが、
  御注文後 詳細を修正して、手配させていただきます。

  活けせこ蟹をご希望の場合にも、対応させていただきますので、ご希望の場合には、
  活けせこ蟹希望と 要望欄にお書き込み下さい。

  お届けの期間は、1月14日到着分とさせていただきます。
  ある程度の在庫は確保出来ましたが、サイズにより、売り切れになる場合もござい
  ますので、早い物勝ちで、予め、ご了解下さい。

  
  http://www.uomasa.jp/fs/uomasa/c/yude-seko-b

  
  この最後のチャンスを 是非、お見逃し無く!

 

  ● 京都府船籍のみ、自主規制しなかった経緯 

 
  あまり知られていませんが、日本海のズワイガニ漁は、富山県を境にして、東西で
  漁期、規制等が全く違います。

  今年度から、富山県より西側の県は、せこ蟹漁を 自主規制という形で、
  年内一杯となりましたが、京都の船籍は、数年前より脱皮直後の、水カニを、
  全面自主規制している為、今回のせこ蟹の自主規制には、同調しなかったようです。

  これには、いろいろな賛否両論ありましたが、
  獲る時には、獲る。 守る時には、守る。 
  個人的には、支持しています。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!