うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政からのお知らせ > 松葉ガニは、例年以上の相場が続いています

松葉ガニは、例年以上の相場が続いています

2015年12月19日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

IMG_0419

今年は、11月後半以降 一週間に一回は、このような荒れ模様になり、大型船の操業もままならず、松葉ガニの水揚げも、少なく そこに、北陸方面の需要等で、相場も 例年にない、高値が続いています。

相場には、個人の力では、太刀打ちは出来ません。

この相場に付き合い、仲間に入り、仕入れるしか手立てがありません。

感じ的には、例年の3~5割の様相で、高いとは、予想していましたが、それ以上です。

しかし、最終的には、高いか、安いかは、お客様が判断する事で、より良い蟹を提供するのが、うちの役目。

高くても、当店に求めているのは、絶対に 旨い蟹。

真理的に、言うと こういう事ですね!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)