うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政からのお知らせ > 松葉ガニ相場 高値が続いている理由

松葉ガニ相場 高値が続いている理由

2016年01月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

Evernote Camera Roll 20160123 1620142

これから、2月中旬まで、このような大荒れになる事も多く、まだまだ蟹の仕入れも、気を緩める事が出来ません。

今シーズンは、11月解禁から、水揚げそのものも少なく、 例年一度は、中だるみがあるのですが、今年は、全く無い状態でした。

特に 11月下旬から、異常というか、異様というか、高値相場が、年が明けた現在までの、約2ヶ月続いており、この先の見通しも、おそらく この状況が続くだろうという事で、販売価格も修正せざるをえない状況になりました。

要因としては、

漁獲量が少ない。(天候不順含む)

ロシア産の活けズワイカニの減少。

地元産の松葉ガニを扱う業者(旅館、料亭など)が増えている。(下支えの数が多い)

北陸新幹線の開業で、北陸、関東地方からの呼び込み。

など、いろいろな要因が重なり合っています。

 

松葉ガニは、他に代用できない商材なので、いくら高くても、採算ラインを超えてでも、

仕入れを行っている業者さんがほとんどだと思います。

当店も、もちろん例外では、ありません。毎日ギリギリの所で、やっている状況です。

通常の相場まで、落ち着く事を ただただ 願うしかありません。

IMG_0313

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)