うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 本日の漁獲情報 魚政トピックス > マグロが、この沖合にも やってきました!

マグロが、この沖合にも やってきました!

2016年05月16日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

本日 地元定置網に、クロマグロ 100級 4本が、水揚げされました。

確りと処理され、築地市場に直行しました。

大きなマグロは、地元のセリ場ではなく、値付けが、難しい為、ほとんどが築地行きです。

 

さて、この時期は、お産の為か、この山陰沖合を回遊します。 どこか 良い産卵場があるようです。

定置網漁のマグロは、針に糸を通す確率よりも かなり低い次元での漁になり、ほぼ奇跡に近い漁になるので、資源的にも、品質的にも、問題は無いのですが

問題は、巻き網船団が捕獲するというか、一網打尽にする 巻き網漁のマグロです。

知っている方も、有ると思いますが、この産卵前のマグロの取り扱いが大きな問題になっています。

参考記事

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20151230/Shueishapn_20151230_58886.html

 

これは、マグロの卵です。

マグロの水揚げは、正直 嬉しいですが、反面 昨今のこのマグロの記事や、卵を見ると、切ない気持ちにもなります。

ちょっと まとまりの無いブログで、すいません。

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!