うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム お魚知識編 魚政トピックス > ヤナギ 大漁 大漁と言うけれど

ヤナギ 大漁 大漁と言うけれど

2016年09月15日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

ヤナギとは、サワラの幼魚で、 順番的に言えば

ヤナギ→サゴシ→サワラの呼び名になります。

ここ最近のヤナギ大漁とは、このヤナギの事。

このヤナギが 各定置網漁に、大漁に入っています。集荷の舞鶴市場は、ヤナギのダンベの山のようです。

残念な事に フライ、焼き物など 食品加工としても使い物にならない位に、小さいサイズばかりです。 ほとんど餌用にされるとか。

調べた所 1年で45cmほどに成長するようなので、これは、約30cm。 一年未満の赤ちゃん。きっと春位に生まれたと推測できます。

定置網に入る為、致し方無いといえば、致し方ないのですが、これが、あと半年でも成長できれば、サゴシの大きさになり、それなりの需要があるのですが。。。

ご覧のように、手のひらサイズ。

これが、カマスならと思う今日この頃です!

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)