うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム お魚知識編 商品のご紹介 魚政トピックス > ノド黒の 黒の正体は?  ノド黒は、実の腹黒ではありません!

ノド黒の 黒の正体は?  ノド黒は、実の腹黒ではありません!

2016年09月14日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

ノド黒の由縁は、ノドの中が黒く見えるため。

ちなみに、ノド黒の正式名は、赤ムツですね。

外見からは、ノドの中しか見えませんが、実は、ノドから、お腹の中全体に広がっています。
(画像は、ノド黒を背開きした物。)

しかし、これは薄い黒い膜に覆われている為で、身が黒いわけではありません。

薄い膜なので、丁寧に擦るように取り除くと、白く綺麗な身が見えてきます。

ご覧の通り 膜を取り除くと、一面 綺麗な身です。

当店の一夜干しや、一汐の商品は、見た目も大切なので、すべて丁寧に取り除きます。

ですから、商品だけ見ると 何故 ノド黒と思う人もいるかもしれませんね^^

ちなみに、このお腹の張りが、加工基準の決め手。 お腹が厚いと脂が乗っている証拠。 今頃が一番のピーク。 だんだんとこの厚みが薄くなり、薄っぺらくなると加工を取りやめます。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!