うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 活け松葉ガニを 発送時にゴム輪で縛っている理由

活け松葉ガニを 発送時にゴム輪で縛っている理由

2017年02月26日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

魚政では、活け松葉ガニを発送する際は、必ずゴム輪で縛ってから 発送しています。

その理由は、松葉ガニの体力を消耗させないため。

原理としては、 おがぐずの中に入っている 車エビを見た事がある人は、多いかと思いますが、おがぐずで、エビを動けないようにして、体力を消耗させない事と一緒です。

蟹は、有り難い生き物で、海水が無くても、温度さえ安定して低ければ、(1~5°くらい) 1~2日位は、充分に活きています。

中には、環境の変化で、弱る蟹もいますが、発送時に活きの良い蟹を選べば、ほぼ95%以上の確率で、活きています。

ゴム輪で、縛る事により、体力を温存させ、 少しでも元気に届くように。また、脚落ちを防ぐ事も、出来ます。

今日も 元気に たくさんの蟹が、旅だっていきました!

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)