うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 得意先紹介 > 「炭火割烹 蔓ききょう」で肉と魚を堪能する会

「炭火割烹 蔓ききょう」で肉と魚を堪能する会

2017年04月12日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

滋賀県大津市 蔓ききょうさんで開催された 肉と魚を堪能する会に参加させていただきました。

肉は、滋賀県草津の サカエヤさん。 魚は、もちろん京丹後市 魚政^^

しかも、肉と魚の競演だけではなくて、

そこに 料理に合わせて 美人ソムリエ 倉田さんのワインのセッティングまで、楽しめる 何とも贅沢なイベントです。

 

今回 お世話になった 蔓ききょうの スタッフの皆さん

 

ソムリエ 倉田さん

 

サカエヤ 新保さん

 

 

席は、カウンターだけ。

ワインも、料理に合わせて ベストチョイス

前菜 ナチュラルポーク生ハム のど黒へしこetc

 

たけのこ 天然トラフグ 白子

京丹後産天然トラフグ 昆布〆 野菜包み

刺身は、京丹後産天然鯛 神経抜き 熟成と 活けとの食べ比べ。

見た目は、分かりませんが、こちら熟成

こちら この日の朝に獲れた 活け鯛

肉は、新保さんチョイス 昔ながらの 吊し熟成と ドライエージングとの食べ比べ。

こちら 吊し 30日

こちら ドライエージング

肉に合わせるのは、岩塩 ワサビに、なんと鮒寿司の燻製。

愛農ナチュラルポーク

〆は、牛のスープに 焼きおにぎり サワラカラスミ添え

デザート 奥は、チーズ。 このチーズもやばい。

最高の素材を最高の調理で。 しかも、食べ比べ有り。 そこに合わせたワイン。

まさしく 堪能した会でした。

蔓ききょうの皆さん 参加していただいた皆様 有り難う御座いました!

画像は、村上氏の画像を拝借しました。この場を借りて御礼を^^

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です