うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 友人知人の紹介 > 日本一のたけのこの里  京都 大枝塚原に 筍掘り 初体験!

日本一のたけのこの里  京都 大枝塚原に 筍掘り 初体験!

2017年04月09日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

今朝は、市場定休日だったので、一度経験したかった 筍掘りに、京都 大枝塚原の たけののこ旬一さんの農園に、お邪魔して来ました。

こんな所で、魚政軍手がまさかの 大活躍です^^

ここの筍は、白子筍と呼ばれる、真っ白で、柔らかく 甘みがあるのが特徴。

この冬に一度 店に来てくれた たけのこ旬一 田原 一樹君に、筍や、堀方を教えていただきました。 ちなみに一樹君は、新婚さん^^

いつもの雰囲気とは違い、当たり前ですが、仕事の顔。

掘っている姿、指導の姿を見ているだけで、タケノコを想う気持ちと愛情が、ひしひしと伝わってきます。

 

たけのこ作りは、土からという事で、わらを敷き詰めたり、数々の工夫が施されています。

私の目では、何処に頭を出しているのかも、分かりません。

今朝の収穫。 今年は、かなりの不作の用で、注文分も取れないとか。

大量に取って 知り合いに配る予定でしたが、食べ量がほんの少し程度。

体力も続かなかったし。 掘るのは、かなりの重労働です。

 

タケノコと魚 食材としては全くの別物ですが、土壌、環境など 通じる事がたくさんあり、非常に勉強になりました!

来年も 是非、お邪魔させていただきます!

ありがとう御座いました!

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です