うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム お魚知識編 魚政トピックス > サワラ 小さい物から、大きな物まで!

サワラ 小さい物から、大きな物まで!

2017年09月07日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

サワラといっても、この時期は、いろいろな大きさの物が水揚げされています。

手にもっているのは、ヤナギと言われる まだ生まれて間もない幼魚です。

9~10月のこの頃に、東シナ海で孵化したものが対馬海流に流されて この地の定置網漁にかかります。

ヤナギ → サゴシ → サワラ  と大きさで 名前が変化し、所によって 大きさの基準がまちまちですが、 1K未満が ヤナギ 1K台が、サゴシ 2K以上が、サワラです。

 

大量に獲れた場合は、このように ダンベと呼ばれる 大型の容器に、冷水、氷タップリで、運ばれてきます。 多いときには、数10本になる事も。

今日は、珍しく 4~5Kを超える大型サイズも含めて、サワラもかなりありました。

ちょっと不思議に思い、サワラは、北から、南下の途中のようです。

サワラの生態も 不可思議な事が多いです。

詳しく知りたい人は、こちらの サワラの生態をご覧下さい。 →こちら

大型サイズも、めでたくゲット。 仕入れたサワラは、すぐに 血抜きを施し、血だらけに! でも、この処置で、大切なのです。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です