うおけんブログ
ホーム > 未分類 > 2018年 鏡割りで開始!

2018年 鏡割りで開始!

2018年01月07日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

前浜 浅茂川港では、底引網漁の新年最初のセリには、鏡持ち 御神酒が カニや魚についていて、それをご祝儀を付けてセリ落とす風習があります。

 

カニ漁 初日は、150匹ほど。 このように鏡餅もセットして並べられます。

落とす方は、高い酒と餅代になります^^

日頃の感謝と安全 大漁祈願も込めて、私がすべてセリ落としましたが^^

カニ以外には、カレイ、エビ、バイ貝など、ゲンゲも初お目見え。これからは、魚も多くなっていきます。

セリ市としては、1月5日に初セリが行われ、漁協関係者の年頭の挨拶から。

定置網は、サワラ中心に 小鯛、カワハギなど。

ブリ、ヒラマサも少し

漁師さんには、安全と大漁を祈願し、さて、2018年は、どんな漁模様になるでしょうか?

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!
トップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です