うおけんブログ
ホーム > うおけん活動編 魚政からのお知らせ > 能登半島 七尾市まで ナマコ生産見学に!

能登半島 七尾市まで ナマコ生産見学に!

2018年03月07日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

蟹が忙しい時期ではありますが、この時期に行かないと意味が無いので、有志の4人で、石川県七尾市の ナマコ加工している業者さんに、見学に行って参りました。

行った日は、これでも少ないようでしたが、所狭しと ナマコだらけです。

事の発端は、宮津湾でナマコ漁を営んでいる 本藤さん(左側)が、地元で獲れているナマコが何とか地元で加工して、業として出来ないのかなと。

本藤さんは、一時期 ナマコが獲れなくなり、それではいけないと、他の漁師さんを説得し、資源保護をして、復活させた仕掛け人です。

大きさ、漁が出来る日など いろいろと制限して、数年前とは比べ、単価も倍以上に。今では、漁師さんの安定した収入源に。

これが今回の目的の 干しナマコ。 茹でてから 干しに干し 大きさは、1/10以下に。 完成品は、ほとんどが 中国方面に。

完成までは、風に当て 太陽に当て 何日もかかります。

これは、卵巣を干した 通称 バチコ。 炙ると 磯の風味が広がり、好きな人には堪らない味になります。

この他にも、このわたなど、いろいろと教えていただき大体の概要はつかめました。

先ずは、試しに ナマコ加工に入ります。

見学先は、業者には、初めての見学許可をいただいたみたいで、名前は伏せさせていただきます。

 

お昼は、近くのナマコ屋直営の店で、ナマコ膳をいただきました。ナマコの佃煮は、初めてでしたが かなりいけますよ!^^

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です