うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 商品のご紹介 魚政からのお知らせ 魚政トピックス > のどくろ(ノドグロ、のど黒、アカムツ)最盛期!

のどくろ(ノドグロ、のど黒、アカムツ)最盛期!

2018年09月10日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

9月1日 底引網漁解禁後 台風の影響等で水揚げが少なかったですが、ようやくまとまって入荷するようになりました。

水揚げがあると言っても100gにも満たないサイズがほとんでで、大型サイズは少ない中、当店が仕入れるサイズは、ほとんどが200g以上の大型サイズ。

個人的には、300g以上がおすすめ。ハマチとブリでは食べた時の味、感触が違うように、のどくろも大きめがより脂が乗って旨く感じます。というか、旨いです。

小さくても大きくても 食べた時の感想を聞かれると、旨い 美味しいの一言で片づけられるので、言葉での説明は、ほんま難しいです(笑)

香住の方では、キス場のノドで売り込み中! 仕入れた箱にも書いてあり、これは良いアイディア!

のどくろは、キスがたくさん獲れる所に一緒に生息し、この脂の載ったキスを餌にしているから、他の地域より、より脂が乗っているので、キス場の、のどくろは、美味しいよという事で、売り込み中なのです。

ちなみにキスとは、本キスではなく、このニギス。 地元では、沖キス、煮キスと呼ばれて、煮付け、塩焼き フライなど 万能の魚です。

ちょっと グロイですが、これは、内臓。 お腹の中に消化途中のキスの姿が見えます。 (画像でいうと真ん中辺り) ピンク色に見えるのは、のどくろの肝。 この時期の肝は、特に良く肥えています!

一夜干しように開いた のどくろのお腹。脂パンパンです。

のどくろの柔らかい身質と キスの脂の相性が、より美味しさを増していると思うこの頃です!

獲れたて鮮魚 一夜干し 熟成一汐といろいろご用意しています。

ご用命は こちらより

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です