うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 日帰りのカニについて 続き【松葉ガニ解禁まで あと45日】

日帰りのカニについて 続き【松葉ガニ解禁まで あと45日】

2018年09月22日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

松葉ガニは、泥田と呼ばれる泥地に生息しています。泥田は、畑に例えるとよ肥えた畑なので、絶好の住場なのですが、如何せん 体内に泥を多く含んでいます。

 

特に日帰りのカニは、獲れたばかりなので、一匹一匹は、少しの量でも たくさん仕入れると ご覧のように 綺麗だった水槽も直ぐに泥色になります。

出来る事なら 船内である程度 泥吐きしたカニを仕入れたいのですが、前浜に揚がると買わない訳には行けません。 特に質が良い場合は、無条件です(笑)

日帰りのカニは、最低でも二日間ほどは、泥吐きさせています。

それは、カニの良し悪しもよく分かり、茹で上がりも綺麗で、泥臭さもなく、もちろん味も良いから。

 

半日もすれば 泡だらけに。 これは、エアーブロアーで空気を送り泡がたくさん出来るようにワザとこのようにしています。

その理由は、泡にたくさん泥が噛んでいるのがわかると思いますが、泡に泥を含ませて 泡を取り除くと 徐々に水質も綺麗になっていくからです。

しかし、あまりに大量に入れた場合は、水の入れ替えをする方が早いですが(笑)

松葉ガニの解禁まで あと45日

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です