うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 同じズワイガニでも 脚の長さが違う訳!【松葉ガニ解禁まで あと44日】

同じズワイガニでも 脚の長さが違う訳!【松葉ガニ解禁まで あと44日】

2018年09月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

上:カナダ産ズワイガニ 通称 冷凍ガニ 下:地元産ズワイガニ(松葉ガニ)通称 地ガニ

また業界用語が出て来ますが、外国産(カナダ、ロシア産)のズワイガニは、単純に冷凍ガニ または、冷ガニ、冷凍など。 そして 地元で獲れる物は、あまり松葉ガニと言わず、地ガニと呼びます。

この辺りでは、カニと言えば、ズワイガニになるので、外国産は、冷凍で流通するので、冷凍ガニ。 地元産は、その名の通り 地ガニですね。

我々も、大体 松葉ガニと言わずに 地ガニと呼んでいます。

日本海西部で獲れるズワイガニは、変に松葉ガニとか越前ガニとか、港の名前を付けなくてもいいので、まとめて 地ガニにして欲しいです。

さて、地ガニと外国産の違いと言えば、一目で分かるのが、脚の長さの違いです。

カニは、甲羅の横幅が年齢の目安になるので、同い年でも、画像のようにかなり違います。

これは、生息地の土壌が関係するわけです。外国産は、生息地が岩場の固い所。地蟹は、泥田の少し柔らかい土地。

脚が短くても歩きやすい所と 脚が長くなければ歩きにくい所の差が、生態系に影響した物と言われています。これは、カニ博士に聞いた事なので、信用性ありますよ^^

カニ博士と言えば、故 篠田 正俊先生。 カニ業界にとって大恩人の先生です。

先生の功績は、また紹介します。

松葉ガニの解禁まで あと44日

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です