うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 蟹は、10年以上の逃亡者!?【松葉ガニ解禁まで あと35日】

蟹は、10年以上の逃亡者!?【松葉ガニ解禁まで あと35日】

2018年10月02日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

いきなりの凄い言葉ですが、これは、蟹のお話です(笑)

市場にセリにかけられる大きさは、目安として甲羅の横幅 約10cm以上。

年齢にすれば、約10歳。

一番上の画像 700gサイズで10歳ちょっと

一番下の画像 1300gサイズなら15歳以上の計算になります。

もちろん個体差もあるので、一概には言えませんが、大体こんな年齢になります。

簡単な見方では、横幅1cmが一歳と思って下さい。

10歳以上という事は、単純に海の中で10年以上育った事になります。

同じ場所に何十 何百 何千と、長年の網入れをかいくぐり、網に掛かる事無く、生き延びた事になります。

中には、一定の大きさに満たない 小さな時に リリースされた蟹もあるとは、思いますが。よくよく考えたら凄いことです。

一時間に数匹しか獲れない事を考えると入る事も凄いことですし、長年の網をかいくぐり入らない事も凄いです。

蟹は、砂泥地に生息しているので、泥の中に入り込んだり、決して平坦な土壌では無い事は推測できるので、山有り谷有りの凹凸の間に上手に入り込み、生き延びたつまり 10数年間 漁師さんの罠から逃亡出来た事になります。

学校のグランドのような平坦な場所なら、簡単に捕まるでしょうけどね!

この蟹で 甲幅15cm 1300g  15年以上 生き延びた要領の良い蟹です(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと35日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です