うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 日本海ズワイガニ特別委員会【松葉ガニ解禁まで あと34日】

日本海ズワイガニ特別委員会【松葉ガニ解禁まで あと34日】

2018年10月03日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

鳥取県のHPより 画像引用

【日本海ズワイガニ特別委員会】

松葉ガニの業界の人でも、この会の存在を知っている人は少ないと思います。

これは、1府5県(石川県、福井県、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県)の沖合底びき網、かにかご漁業の漁業者団体で組織し、ズワイガニ関する取り決め(解禁日、水揚げ数など)を行う所です。

ズワイガニ漁は、日本海側では富山県石川県を境に 西側と東側では、漁が行える日が違います。また北海道や、太平洋でも地域毎に違います。

もちろん ここでは、地元の松葉ガニの話を中心にお届けします。

この画像の資料は、昨年の物ですが、たまたま今年も、同じ今日 10月3日に神戸で行われていて、まだ報告は受けていませんが、ほぼ同内容で決まっていると思います。

松葉ガニの解禁日は、毎年11月6日になっていますが、正式には、この委員会で最終的に決められます。 この委員会で今年は、11月10日からといえば、11月10日になるという事です。(今さら変更してもらっても何かと困りますが^^)

上の漁期 雌(親がに)の所をみていただくと 省令つまり法律では、11月6日から翌年1月20日までとなっておりますが、この委員会の話し合いで自主規制として年内12月31日までとなっています。

他にも、漁獲制限、大きさなど、いろいろな取り決めや、自主規制が行われております。

この会合には、大善丸の船長 岡田氏も京都府の代表の一人として参加しているので、明日には、報告できる思います

詳しくは、鳥取県のHPをご覧下さい。 こちらから

【松葉ガニ解禁まで あと34日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です