うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 解禁日は、正式に11月6日に決まりました!【松葉ガニ解禁まで あと33日】

解禁日は、正式に11月6日に決まりました!【松葉ガニ解禁まで あと33日】

2018年10月04日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

気になる 昨日のズワイガニ特別委員会の決定事項ですが、漁期は、昨年と同様に正式に11月6日が解禁となりました。

漁期は、

松葉ガニ 雄は、11/6~翌年3/20

雌のセコ蟹は、11/6~12/31

と見た目は、今まで通り 一安心です。

ですが、漁獲量の規制が厳しくなったようです。

簡単にいうと 数字は、仮の数字ですが、

石川県から島根県までの日本海山陰西部地域全体で昨年まで100tの水揚げ量を許されているとしたら、今年は、80トンまでしか水揚げを許されないという事です。
※この数字を上回らいように、今までの実績を元に各府県に割り当てがあります。

これは、国からの資源管理に基づく要請です。

水揚げ量というより、漁業枠と言う方が、分かりやすいかな?

クロマグロで、同じような規制があるのと考え方は、ほぼ一緒です。

漁期の中の通算の水揚げ量なので、これを越えなければ何も問題ありませんが、今回の数字は、かなり厳しい数字のようです。

例えば11月当初に凪ぎ続きで、漁が盛んに行われ、水揚げが多いと、それ以降は、数字とにらめっこして、漁を行わなければいけません。最悪は、カニ漁そのものが2月3月に入ると出来なくなる場合もあるとの事です。

先ず このような事には、ならないと思いますが、今の時代 どのような規制や事態が起こるかも分かりません。

楽観視は出来ませんね。

ちょっと暗い話になったので、この辺で打ち切ります。

【松葉ガニ解禁まで あと33日】

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です